CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
DIY-04:HKSエアフロー取付
今日は、マフラーと共に交換したエアフローです。

エアフロー自体の部品はこれですべてです。
スチールに黒の塗装のみと、かなり作りは安っぽい感じです。
北海道で使うには少々サビが心配ですね。
純正エアクリーナーを外します。
上蓋、エアクリーナー、本体の順に外していきます。エンジンルームが狭いので、
フレキシブルジョイントの付いたレンチで外すといいでしょう。
ホース類を抜いた後、本体を外します。驚くほど巨大な空間ができました。
 次にエアダクトを外します、これは結構苦戦しました。取説にはバッテリーを外してからとありましたが、バッテリーを止めているボルトを1本外して、若干助手席側にずらすことにより取れました。
最後にエアフローの取付ですが、純正エアクリの固定穴を利用してステーを仮止めします。組立たエアフローをエアインティーク管、ブロバイ管と繋ぎ最後にステーを本止めして完了です。
 エンジンルームはもっとレーシーな雰囲気になるかと思っていたのですが、キノコが後ろ向き、配管は真っ黒と目立ち度が低い感じです><
取付後は、アクセルを深く踏むたびに、ダースベーダの呼吸音のような音が発生し気分を盛り上げてくれます(^^
フィールター交換が推奨3000kmとのことで、コスト的にも今一歩かと思います。
| Blue Stream | 16:08 | comments(0) | trackbacks(3) |
DIY-03:マフラー交換
今日は3日目、マフラー交換です。比較的最近行ったDIYです(^^

ストリームの社外品は非常に少ないです、さらにMC後となると少ない><
4WD(RN4)となるともっと少なく、最後にSパケとなると、、、
という状況の中で正式対応品は2社しかありませんでした。
(もちろん、無限と純正OPは別にしての話ですよ)
寒冷地には降雪の際、融雪剤などが頻繁に撒かれますので、SUS製のHKSESワゴンマフラーをチョイスしました。
このマフラーはタイコの上にチャンバー状の物が付いています。メーカーいわく「NAでも素敵な音を出すため」「不快なコモリ音を抑えるため」だそうです(^^

早速取付です。まずはジャッキUPして車の下に潜る準備をします。
馬があればベストなのでしょうが、貧乏なのでドキドキしながら油圧ジャッキで
行いました。リアピースのみの交換なのでリアピース部分のボルト×2本を外します。
汚れと高熱にされされているので、CRCなどで十分清掃&潤滑してからレンチをかけます。マフラー取付ブッシュは接続部に1つとタイコを吊ってある部分に2つあります。かなり渋いので中性洗剤を霧吹きに入れ吹きつけながら外しました。
逆の手順で取付ます。しかし、念入りに対応状況を調べたのにも係わらずリアバンパーと干渉していまいました><あわててABへ延長型のブッシュを買いに行ったのですが、わずか5分の走行で溶けてしまいました。
仕方が無いので、そのまま家に戻り溶けてはみ出した部分をカッターで切断して延長型ブッシュと交換しました。(一番上の穴が純正位置です)
するとどうでしょう、うまい具合にバンパーが削れ、いい感じじゃありませんか(笑)、結果オーライとはこのことですな(^^
取付完了です。音はかなり大きめで迫力があります。家族からも早速クレームが付きました><
しかし人間とは都合のいいもので、次第に慣れてきました。
今では許容範囲です(^^
| Blue Stream | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
DIY-02:ホーン取替
今日は第2回目ホーン取替についてです。

このDIYは、納車後一番最初にやったことです。納車前からいろいろなHPを見ていると「ストのホーンはしょぼい」との書き込みが非常に多かったので、納車前からABで購入してありました(^^
交換するホーンは、定番中の定番とも言われる「BOSHラリーストラーダ」をチョイスしました。決め手は、値段、軽量コンパクト、スト取付の事例ありの3点でした。

作業に入ります、MC前はバンパーを外さなくても交換出来たようですが、MC後のSパケ、アブはバンパーを外さないと交換できませんので、バンパーを外します。
ボンネットを開け、グリル上のクリップ×4、グリルを固定している部分2ケ所を外します。次に下からクリップ×6、ボルト×2、フェンダー影のビス×2を外して準備完了です。バンパー上部はライトの下部分で、きつくハマっていますので、端の方から力を入れて外します。「バキ!」っとかなりいい音しますが問題ありません、心臓の弱い人にはお勧めできませんが(^^
バンパーを外してみて気が付いたのですが、MC後はダブルホーンでした><
結局、一度も音を聞かずして外してしまいました。
配線は、純正ホーンのラインを利用し、アース線だけステーと共締めにしました。
取付後、若干エンジン側にホーンを押し込まなくては、バンパーに触れてビビリ音が
発生しますので注意が必要です。

最後に、電装系部品の交換の場合、バッテリーのアース側を外して作業することが多いのですが、繋いだ後、ECUの再学習とパワーウインドの再学習が必要になります。
ECUはまた後日紹介しますが、パワーウインドは一旦全開ににして、全閉します。
全閉してもスイッチを離さず3〜5秒しますと、設定が元に戻ります。これを行わないと、オートで開かない(運転席)挟み込み防止が効かないなどの不具合が発生しますので注意してください。
| Blue Stream | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
DIY-01:ボンネットダンパー
今日から今までのDIYについて紹介して行きます。
第1回目はボンネットダンパー(以下BD略)です。

高級車のボンネットを開けると必ず付いているBDですが汎用品も
売っているんです。しかし結構高価で貧乏人にはちょっとつらい><
そこで、他車品の流用です。ネタはあくびさんからで丸々パクリです(^^
ヤフオクからセドリック用のBDを落札して取付ました。あくびさんのストは1.7なので結構エンジンルームに隙間があるそうですが、2.0はビチビチです><
どう部品を向けても既設の穴は利用できませんでした。一番の難関は、ASBユニットです、ブレーキラインのパイプが丁度よく干渉します。パイプを曲げようかとも思いましたが障害が出ては大変な部分なので×、そこでフェンダーを受けているステーに穴開け加工をして取り付けることとしました。左右共このステーに取付けると、向かって左はABSユニット、右はヒューズBOXを旨く交わしてくれます!

電動ドリルで8φの穴を開けます。ボンネット側はオートバックスで売っている汎用L型ステー(SUS製)を利用しました、サイズは25×40×3です。
取付完了して何度か開け閉めしていると、普段より大きく開いていることに気が付きました。ガラスと、ボンネット間のゴムに干渉してしまい、大きくずれてしまいます。
これではマズイので、ギリギリ干渉しない程度にしか開かないBDに交換するしかありません。長さを測ると38cmまでなら干渉しない様なので、再びヤフオクで部品探しです。片っ端からQ&Aに「全長はいくらでしょうか?」と書き込み、やっとローレル用が38cmであると判明しました。即決で落札し、商品が届くまでの間に、ボンネット側のステーの強度が少ないようなので、鉄工所にステンレスアングルで受金物を作って貰いました。部品が揃ってすべてを取り付けて完了です。

部品代はダンパー2セットで4k円、受け金物が2つで1k円の計5k円でした。
試行錯誤していたので、時間は結構かかりましたがコストの割にはメンテナンス性、ルックス共に非常に効果があったと、自画自賛しています。
| Blue Stream | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
目が好きなのよ(^^

昨日は朝の3時まで仕事で、日記お休みしてしまいました><
今日は、マイストの好きな部分「目」についてです。
目=ライトなんですが、挑みかかるような挑戦的な感じがそそります(^^
MC前オーナーから言わせると「品が無い」そうですが自分的には一番のお気に入りのい部分です。
スト購入の時、前車が初代オデだったのですが、大きすぎて狭い所や、駐車場での取廻しにうんざりしていました。5人家族なのですが、全員乗車する機会は年々減ってきまして、ほとんどが私一人の仕事&通勤使用のため、とりあえず椅子が7つついていればいいか(^^という結論に達し、5ナンバーミニバンを中心に物色しました。
やはり最初は新型オデでしたが、「目が細い」「低さにこだわりすぎてスタイルがイマイチ」「値段が高い!(笑)」の理由により却下!T社Wも見ましたが、T社の車はどうにも好きになれないのです。何故かと言うと、目に見えない部分の作りが納得できないからです。確かにファミリー向けミニバンで、足回りがどうのこうのというのは間違っているかもしれませんが、プアーな足回りを味付けだけでごまかしているというのは「車」として許せないです。そんな時テレビCMで「ポリシーはあるか!」これですよ(笑)インパクトのあるフロント廻りに一目ぼれでしたね。カタログを見て、速攻契約してしまいました。
 納車から3ヶ月、怒涛のカスタマイズもひと段落したことなので、明日から今までのカスタマイズを振り返って書いていこうと思います。
| Blue Stream | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>